Menu
Arrow
Arrow

トップページのコンテンツ

0 Comment

トップページにもオリジナルテキストが必要です。デザインとSEOの両立を目指しましょう。

□一流のトップベーシとは

・一流のウェブサイトのトップページは、お客様が登場しています

・二流のウェブサイトのトップページは、自社の人聞が登場しています

・三流のウェブサイトのトップページは、誰も登場していません

 トップページのコンテンツを考える上で、ぜひ参考にして欲しい格言です。

 ウェブサイトにお客様が登場してもらえるということは、リアルなビジネスで信頼関係が構築されている証です。SEOは手法であって、目的ではありません。自社のウェブサイトに訪問されたユーザ が、どの様な印象を持つのかを常lこ考えてコンテンツ設計を行いましょう。

□トップページのテキスト数

 トップページには、大目標の目標キーワードを含めた500文字以上の塊のテキス卜を記述しましょう。画像の中にあるテキス卜は、Googlebotは読み取れませんので、htmlの<p>タグ(段落)で囲まれたテキス卜で記述します。

 多くのウェプサイトのトップページは、テキストがなく、写真やイラストで飾られています。トップベージにもテキストを用意することで、トップページのSEOにも有効です。デザインとのパランスを調整して必ず、用意しましょう。

 テキスト数は、Googleで「文字数 力ウン卜」などで検索するとたくさん検索されます。ご自身で使い勝手の良いものを利用して下さい。

□トップページの目標キーワード出現率

 まず、目標キーワードの優先順位を付けます。そして、目標キーワードの第1位が全体の5~6% 程度。それ以外の目標キーワードは2~4%程度に抑えておくのが良いでしょう。1位と2位の差は、メリハリを付けることが重要です。トップページで検索上位を目指すのではなく、目標ページで検索上位を目指します。

 なぜ、自標キーワードの出現率を調整しなければならないのでしょうか。それは、過去にキーワードをたくさん詰め込んだ、低品質なウェブページが上位に検索されていたからです。

 目標キーワードを詰め込み過ぎると、過去の低品質なサイトと同類と見なされてしまいます。必ず SEOツールなどを使って、キーワードの出現率を確認して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です