Menu
previous arrow
next arrow
Slider

ブラウザ操作のWebシステム自動化

0 Comment

現代の業務では、Webシステムからの情報を利用したりといった機会が多くなってきた時代と言えるのではないでしょうか。社内のデータベースといったものもWebで管理されているという企業や会社も多く、顧客や取引先などへのやりとりも、インターネットを利用して受注システムを管理するといったことも多くなっているのではないでしょうか。また、ASP型やクラウド型などのサービスも、ブラウザから操作してを利用しなければならないといった事も多く見られるようになってきました。そこでこのようなWebシステムを経由して行われる業務の自動化を実現すべく「Autoブラウザ名人」というものが開発されているようです。これは、ブラウザ上で行わなければならないもので、工程が決まっている単純作業の自動化を可能にした技術であると言えるでしょう。食品会社を例に挙げて見てみると、受注管理を毎日行わなければならない食品会社では、一日ごとに担当者は取引先別にインターネットで取引データの確認をするため、企業間での取引システムを訪れ、その日の受注ファイルを回収し、自分の会社の管理システムにデータ入力するといった作業を人が行っていたようです。しかし、このAutoブラウザ名人を導入する事により、取引先ごとに受注管理から情報処理の自動化を行うことで、その分の時間と人材を削減することに成功したようです。近年では、銀行業務もインターネットで行えるようになっているところも多く、クレジットカードやデビッドカードというように、決済方法が選べる時代になっているため、事務処理数も多くなっているようです。こういった場合にも、銀行内のシステムはもちろん、取引先サイトへ訪問し、不正利用などが行われていないかといった確認などの業務を自動化しているところも多いようです。世の中は便利になる分、発生する情報処理が多い現代ではRPAの働きはなくてはならないものと言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です