Menu
Arrow
Arrow

ページ送りの活用

0 Comment

閲覧者にも検索エンジンにも分かりやすいサイト作りのコツとして、ページ送りをきちんと活用するべきであると言えるでしょう。ページ送りするべきサイトの見分け方としては、単純に「文章が長文」であったり、「大量の商品を一覧で並べたい」といった場合のページを作る場合などに最適と言えるでしょう。コンテンツをパソコンで閲覧するか、スマートフォンで閲覧するかなど、ユーザーのデバイスの違いによっても、適切とされる文字量というのは異なってくると言えるでしょう。あまりにも文章が長すぎるといったページの場合などは、読み込む速度といったものにも影響を与えてしまいかねないでしょう。そういったストレスを回避するためにも、コンテンツは適切な長さに分けて表示するように心がけるべきと言えるでしょう。ただし、PVを稼ぎたいためだけの分割はやめるべきと言えるでしょう。1ページの文章量が少ないのに、何度も何度もページクリックをしなくてはならないといったサイトは、とても親切でよいサイトとは呼べないのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です