Menu
Arrow
Arrow

ロングテール

0 Comment

SEOに はロングテールという考え方があります。これはビックキーワードでの上位表示だけでなく、商品やサービスの購入につながる可能性の高いスモールキーワードでの上位表示を重視する考え方です。
スモールキーワードを使って幅広く対策することで、それぞれのキーワードで上位表示を狙います。その結果、ひとつひとつの検索キーワードからの流入は少なくても、全体では多くの顧客を集めることができます。
顧客になってくれるかわからない人が1ヶ月に1千人、webサイトを訪問してくれるビックキーワードよりも、1ヶ月に100人しかwebサイトを訪問してくれないが、顧客になってもらえる可能性が高いスモールキーワードしかも上位(表示しやすい)に注力した方が効率的です。合計1千人「集客」ならば、毎月1千人が訪れる1ページを作るよりも、毎月100人が訪れるページを作10ページ作る方が、作りやすいですし、現
実的な取り組み方です。
ビックキーワードばかりに目を向けるのではなく、ロングテールを意識したSEOに取り組むことで 、SEOの成果が現われるまでの時間も短くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です